忍者ブログ
[537]  [536]  [534]  [535]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

f5847803.jpeg

 

勇者カイはお手紙を手に入れた!



それは、いつもの先生からの手紙ではなかった。

可愛らしいメモ帳を半分に折り、シールで止めた簡易な手紙。




ここ数年眠りすぎてた女の感が、ピーンときた。







 

d7d749ea.jpeg
 




最近、ませているという幼稚園事情。
イケメンな年少男子は、早々に女子から告られてお付き合いに発展することもあるらしい。

かつて親友経由で告ったりしていた中学生は、
今の時代は幼稚園児によって
「母親経由で告白orバレンタインデー攻撃」を仕掛けてくるらしい。

しかし、悲しいかな女子に比べて、
男子の精神年齢の低さは比べ物にならず、
飽きて捨てられたり、自然消滅したり。
大人の事情さながらの恋愛絵巻が、
幼稚園では繰り広げられているらしい。

「年少時代の彼」やら「元カレ、元カノ」ってコトバ、
幼稚園児が使うんだから・・・!Σ(゚д゚lll)オソロシイ



さて、話を戻してラブレターの件だ。



愛しいわが子を産んで3年、育てて3年、しかも密着24時の育児で3年。
勇者のことなら、身長体重足のサイズ、元気玉のサイズまで知っている、
最初の女であるあたくし。つまり母として。







動揺しましたよ。






直下型心の臓の地震、震度5って感じ。





うちの子が悪い女にたぶらかされつつある!とか
イケメン要素ないけど意外とヤルじゃん!とか
なんかの間違いじゃないの?とか
あたくしの勇者が取られちゃう!とか
うちの息子なんかでいいのかしら?とか・・・







相反する感情の渦で
 

モヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤ
イライライライライライライライライライライライライライラ
ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ
ハラハラハラハラハラハラハラハラハラハラハラハラハラ





切ない母心。

関係ないけど、スキトキメトキスって歌思い出した。(混乱)






手紙を見たら、大人の字でこう書いてあった。




 



 

 
みみちゃん







中を開いてみると、それは、
確かに、ラブレターであった。




 

みみちゃんへ

だいすきです。


あかねより
 









これ、みみちゃん宛だわ~~!

Σ(゚д゚lll)













つーか、うちの勇者カイ、絡んでないんですけどぉ~。
手紙の内容で触れられても居ないし。











一体どうして、ナゼにこんなことになったんだろう??
母の妄想は暴走する。










b50eb5dd.jpeg


好きな女子にかまって欲しくて嫌がらせ系。


男子的にはありそうだけど、
・・・ちょっと勇者カイのキャラに合わないなぁ・・・













cd6fa240.jpeg

君に届け風
(しかし絵柄は昭和のりぼん風)


この辺の妙な羞恥心や思考回路は、
幼稚園児にはありそうな気もするのだが。
まわりくどすぎる気もする。



 



3b5b9724.jpeg


女王様に配達員を仰せつかった。
(そして全く使えぬ下僕)





なんとなく、母親とキャラが被る彼女である。
そして、なんとなく父親とキャラが被る勇者カイである。


キャラ的にありそうなケース。










ecb1b5c5.jpeg


幼稚園児的世界観による共同幻想。
(勘違いと納得)









実際、先生も感知してなさそうだし、
真実は藪の中である。

幼稚園で起きたことの勇者カイの報告って、
半分以上謎だもんなぁ。






勇者カイの事情聴取は、これ以上不可能。






ちなみに、同じクラスには差出人の女子(あかねちゃん)はいるのだが、
手紙の受取人である、みみちゃんは存在しない。










どうすりゃいいのよ、このラブレター!!










 

やぎさん郵便以上に
厄介な誤配事件

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ

拍手[1回]


縦割り的活動や、バスコースによる接触があるから、
正当なるあて先のみみちゃんの捜索対象は、幼稚園全体である。

全く困ったものだ・・・。

先輩ママさんに「相手のママさんにメールしてみれば?」とアドバイスされたので、
ドキドキしながらメールを送ったのだが、メアドが間違っているらしく送信できない。

イキナリこんな件で電話をするのも、気が引ける。。。


しかたないから、封筒に入れなおして、
差出人のママさんに幼稚園経由で渡してもらうことにしよう。


それにしても、なんて厄介なんだ幼稚園児。


恋愛するのは自由だけど、
ケツの始末は自分で出来るようになってからに
してほしいものね(笑)
まだ、10年は早いってモンよ。



・・・と久々に調教日記を書いてみた。

最近は離れている時間もあるし、なかなか密着時と違って、
面白いネタを拾えることもなかったから、ちょっと嬉しかったりもする。

密着育児のときは、大抵のことは見聞きしているから、
たとえワケのわからないことを言っていても、
経験からなんとなく、言いたいことの予測がついたものだが、
幼稚園生活というブラックボックスは、思いの外カオスである。

こんな未熟な小さき人々を導いてくださる先生には感謝しきれない。


そういえば、幼稚園に居るときの勇者と、私の勇者では、
思った以上にいろいろなことが違うというコトも知った。

ママのランチ会での自己紹介では、
戦い好きな男の子のママたちから、
大抵「勇者カイ」の名前があげられた。

そんなに積極的な子でもないし、
親しい友人を作ってこなかったから、
お世辞にも中心的な人物になるようなタイプじゃないのに。

まぁ、どちらかというと親もそうだけど、
少し変わったところのある子だと思う。

勇者カイからも、幼稚園で一緒に遊んだ(戦った)と思しき友人の名があがっている。
その一人について、個人面談で先生に聞いてみたところ、

「えっ、Kちゃんと仲良しなんですか?Kちゃんはカイくんに興味があるらしく、
 近寄っていくんですけど、カイくんは自分の遊びに夢中で、一緒に遊んでいる感じないんですよね」

うーん、てっきり仲良くあそんでいるとおもいきや、
やっぱり自分の世界にどっぷりであったか。

それでも、毎日「Kちゃんと遊んだ」というのだから、
幼児園児とは、幼稚園生活とは不思議なものである。




話はソレまくるが、私自身小学校時代にラブレター事件が起きたことがある。
近所に住む乱暴者の男子に、私の名前でラブレターが投函されたのだった。

実に覚えのないことなので、浮かれた男子にびっくりし、
私はひどく傷ついて、親が乗り込むという事件にまで発展した。

なお、真相は彼の妹とその同級生が、
悪戯で私の名前でラブレターを書いたのだった。
謝ってもらったが、本当に傷ついた。

しかし、今にして思えば、乱暴モノの男子を精神的に躍らせて、
からかってやろうという妹の復讐ともいえない悪戯だったのだろう。

小学生にとっても、ラブレターとはまぁ、厄介なことを引き起こすのであった。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
園生活
母のドキドキを返して~!な事件ですねw
スミマセンウケました。

落ちてた(もしくは置いてあった)手紙を勇者が拾ったに一票。
うちはハンカチだったのですが、一回クラスにいない名前の書いてあるハンカチがポケットに入っていたことがあって、そのときは焦りました。
聞くと、お友達が拾って持ってきてくれたハンカチを受け取ったのだとか。
そんなふうに、自分のものでなくても自分のものとして認識されることはあるのかなと。
無事ラブレターが届きますように。

幼稚園(保育園)での生活って謎ですよね~。
特に送迎バスだと全然園での生活が見えないですものね。
うちは保育園な訳ですが、次男(未満児クラス)は話せないこと前提に連絡帳のやりとりがなされていて、けっこう細かな報告が毎日あります。
でも長男に関しては園でのことは子供が話す前提なので、先生からのおたよりは基本的にないです。
保育園の生活、コッソリ見てみたいな~。
りす(いじゅういん) URL 2012/07/14(Sat)09:37:02 編集
Re:園生活
>母のドキドキを返して~!な事件ですねw

思いの外、動揺いたしました・・・w
そんな自分にもビックリ。

>落ちてた(もしくは置いてあった)手紙を勇者が拾ったに一票。

あ~~・・・それもありそうですね!
「誰から貰った」という質問に対しては、
コロコロ名前が変わるので怪しいです。

>幼稚園(保育園)での生活って謎ですよね~。
>特に送迎バスだと全然園での生活が見えないですものね。

楽な反面、先生ともバス停以外のお友達と接点を持てないので、
本当に謎ばっかりです。

>うちは保育園な訳ですが、次男(未満児クラス)は話せないこと前提に連絡帳のやりとりがなされていて、けっこう細かな報告が毎日あります。
>でも長男に関しては園でのことは子供が話す前提なので、先生からのおたよりは基本的にないです。

話せていても、意味不明ですけどね^^;
「年長さんでもワケ分からん!」という男子ママさんもいました。

>保育園の生活、コッソリ見てみたいな~。

見て見たいですね!
4月当初は、盗聴器をつけたかったですw

でも、聞いただけじゃ分からないんだろうなー。
幼稚園ワールドって。
【2012/07/15 17:30】
無題
イラストたっぷりで、楽しく読ませて頂きました♪

しかし困った誤配ですね(笑)

うちもよく手紙を貰って来ますが、今のところ自分宛のを貰ってきています。

最初はカナタが女子から手紙を貰ってくると、ちょっとジェラシーを感じてましたが、参観日に目の前でイチャつかれたりするのを見て、手紙ぐらいでは動じなくなりました(笑)


幼稚園の行動、本当に謎ですよね。
うちは結構よく話してくれる方ですが、2人の話に食い違いがあったりして、余計に謎が深まることも^^;

クラスのランチ会とかで、他のママ経由(主に女の子のママ)で我が子の意外な一面を知ったりしています(笑)



紗希 2012/07/16(Mon)11:13:00 編集
Re:無題
>最初はカナタが女子から手紙を貰ってくると、ちょっとジェラシーを感じてましたが、参観日に目の前でイチャつかれたりするのを見て、手紙ぐらいでは動じなくなりました(笑)

参観日に!目の前で!ΣΣ(゚д゚lll)
それは・・・動じます。震度7くらいで。

チューを目撃したら、人格崩壊しちゃうかもw

>幼稚園の行動、本当に謎ですよね。
>うちは結構よく話してくれる方ですが、2人の話に食い違いがあったりして、余計に謎が深まることも^^;

謎が謎を呼ぶ・・・w

>クラスのランチ会とかで、他のママ経由(主に女の子のママ)で我が子の意外な一面を知ったりしています(笑)

ほほ~!それは楽しい発見ですね!
私もそういう発見をしてみたい★
【2012/07/16 23:38】
無題
スキトキメトキスが頭の中で延々とリピートしてます…どうしよう…
(ものすごーく記憶の奥深いところにあった曲が発掘されたらしい)

手紙の主は結局わからないままなんでしょうか??
うちも年少の頃は、他の子の靴下やスモックを
間違えて持ってきたりしてました^^;
手紙も頻繁にもらったりあげたりしてるけど
ぶっちゃけ子供の字だと解読できないものも多いので
差出人も宛名も微妙ですw

私のブログはカテゴリに「4コマ」があるくせに、完全放置されてるので
この記事を見てたまには描くか~とちょっと反省しました><
mai URL 2012/07/20(Fri)20:34:33 編集
Re:無題
>スキトキメトキスが頭の中で延々とリピートしてます…どうしよう…

これ、かなり周る曲ですよね~^^;

>手紙の主は結局わからないままなんでしょうか??

わからずじまいで、親はモヤモヤでございます・・・

>手紙も頻繁にもらったりあげたりしてるけど
>ぶっちゃけ子供の字だと解読できないものも多いので
>差出人も宛名も微妙ですw

まったくその通り!「あ」「す」もひっくり返っているし^^;
まるで暗号です。

>私のブログはカテゴリに「4コマ」があるくせに、完全放置されてるので
>この記事を見てたまには描くか~とちょっと反省しました><

maiさんの4コマ、まだ拝見していません!
ぜひぜひ、たまには描いてください! (゚∀゚)
【2012/07/23 00:39】
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ズボラママのお気に入り

↓かい

赤ちゃんの成長曲線

↓みお

katsuuの体重(ママ)
ママ産後ダイエット!

katsuuの体重(パパ)
パパのメタボダイエット

ブログの成分分析


あたくし、こんな本読んでます♪

Powered By ソーシャルライブラリー

本 大好き♪


第2子ラッシュ・・・(´Д`)


トーマスとアンパンマン大好き♪


(ママが)欲しいもの♪


楽天ポイントでメモリアル♪

☆楽天フォトブック



最新CM
[09/23 りす(いじゅういん)]
[09/12 毒シメジ]
[09/09 熟子]
[08/31 うるる]
[06/11 天使のつばさ]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
ズボラママ
年齢:
42
HP:
性別:
女性
誕生日:
1975/05/01
職業:
専業主婦。
趣味:
ブログ書き
自己紹介:
愚妻愚母のズボラママ(熟子)。
2008年8月生まれの勇者カイ(3歳)。
モンスター使いで会社のドレイの夫パパス。

ファミリーパーティーのブログです。
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
カウンター
コガネモチ
忍者アナライズ
忍者ブログ [PR]